Loading

肉屋さんの食育学校

皆さん今晩は。
さて、前回の答えは?
お肉が氷り始める温度は、-1.7℃でした。
n-PONさん残念でした(コメントありがとう)
第2回
今日は、和牛の種類について書きたいと思います。
皆さんは、国産和牛といえば松阪牛のような牛を
イメージすると思いますが、実は和牛と言っても
・黒毛和種・・・松阪和牛など全体の80%を占める・
・褐色和種
・日本短角種
・無角和種
の4種類に分けられています。
和牛とは、わが国在来の牛を基に、明治・大正・昭和初年に
かけて外国の肉専用種を輸入して交配し、その後閉鎖な選抜
と固定によって造成した牛のことを言います。
肉質の等級に至っては、専門的にとても細かく分けられています。
肉質等級の項目としては、「脂肪交雑」「肉の色沢」
「肉の締まり及びきめ」「脂肪の色沢と質」の4項目に
分けられます、さらにそれぞれが5段階に分けられます。
お肉屋さんでも、知らない人が多いようです。
お肉屋さんにとって困るのが、肉質は良いのに肉に問題が
あるときです。
牛でも病気やケガをします、それらを多発性筋出血(シミ)
水腫(ズル)・筋炎(シコリ)・外傷(アタリ)・
割除(カツジョ)といいます。
それらは大体が肉を切って見ないと分からないのです。
さて問題です!
 肉の等級で良いのは「Aー5」か、「Aー1」か
 どちらでしょうか?

おすすめ記事

  1. 国産黒毛和牛/特撰ロースすき焼き肉
  2. 伊勢あかりのぽーく(肩ロース500g・バラ肉500g)スライス
  3. 伊勢あかりのぽーく(肩ロース500g・バラ肉500g)焼肉用

関連記事

  1. お肉屋さんの食育学校 第4回
  2. お肉屋さんの食育学校 第10回
  3. 伊勢市立城田中学校へ食育授業の講師
  4. お肉屋さんの食育学校 第7回
  5. お肉屋さんの食育学校 第5回
  6. 肉屋さんの食育学校
  7. お肉屋さんの食育学校 第9回
  8. お肉屋さんの食育学校 第6回

伊勢屋精肉店ベストセラー

PAGE TOP