Loading

お肉屋さんの食育学校 第4回

皆さん今晩は。
私は、どーも花粉症になったらしく、クシャミとハナ水が
とてもウットーシイ日が続いております。
花粉などに「負けてたまるか!」と思い、薬を飲まないで
いますが、そろそろ限界か?
お肉屋さんの食育学校 第4回
つい先日、焼肉屋さんに「安くて使いやすい焼肉商材は無いか?」
と聞かれて業者にいろいろと聞いてみたところ、ビックリ
した事があった。
2~3年前にアメリカ産の牛肉が輸入禁止になって
国産の牛肉が大変不足した、その中でも焼肉屋さんが
大打撃をうけた。
焼肉にする牛バラやタン、ホルモンの数が少なくなったからだ
そんななか、大手の業者はオーストラリア産などの安い牛肉に
和牛の「エキス」を注入して、霜降りのようにして、焼肉チェーン店
などに販売しているらしい、「今更、何を言っているの?」と
言われるが、そんな商品が開発されていたとは・・・・(ショック)
そのような商品は、生肉ではなくて加工肉になるのだが
べつに体に害がある訳でもないのだから問題はないのだろうけど、
以前に食用の接着剤で肉の端っこをくっつけてサイコロステーキ
などをスーパーマーケットで売っていて問題になった事があったなー。
皆さんは牛肉では、どんな部分が好きですか?
肉屋の私は、サーロインの厚切りを炭でカリッと焼いた
中はジューシーなやつです。
牛肉はネックからスネまで、13個に分けられます。
それぞれに「歯ざわり」や「旨味」に違いがあります
「脂の質」や「肉の質」で同じランクのお肉でも、まったく
と言っていいほどの違いがあります。
ただ柔らかいだけでは、美味しいお肉だとは言えないと思います。
さて、ここで問題です。
お肉を商品としてお客様に買っていただくときに
職人が肉を切るときに大切な事が3つあります、
それは、「部位に合った厚さに切る」
    「丁寧にスジをとる」
    「 ? 」
さて、あとひとつは何でしょうか?

おすすめ記事

  1. 伊勢あかりのぽーく(肩ロース500g・バラ肉500g)スライス
  2. 国産黒毛和牛/特撰ロースすき焼き肉
  3. 伊勢あかりのぽーく(肩ロース500g・バラ肉500g)焼肉用

関連記事

  1. お肉屋さんの食育学校 第8回
  2. お肉屋さんの食育学校 第9回
  3. お肉屋さんの食育学校 第10回
  4. お肉屋さんの食育学校 第3回
  5. お肉屋さんの食育学校 第5回
  6. 肉屋さんの食育学校
  7. お肉屋さんの食育学校 第7回
  8. 肉屋さんの食育学校

伊勢屋精肉店ベストセラー

PAGE TOP